江戸っ子でぃ

藩・領民のために存在・行動するのが君主であり、“君主のために存在・行動する藩・領民”ではない。

森友・加計学園事件で公文書改ざん・廃棄の真っただ中にいた菅総理は、かつては公文書の重要性を熱く語っていました!

f:id:gotoshikari:20201022162604j:plain


 菅総理の書籍出版に際し、以前の本に記載されていた「公文書」に関する記述が削除されているとのこと。

 

なんとまあ、自分の歴史まで塗り替えようとする姑息な菅義偉と言う人物。

 

ところが間抜けなことに、同じ内容を記載したブログは修正せずにそのまま。^^;

 

これを指摘した蓮舫議員に、今度、菅応援団から『東日本大震災の時に議事録を作成していなかった旧民主党の議員がそんなこと言えるか。』などとヤジが飛んでいるが、これまた知的レベルが低い。

 

まずは、菅ブログを読んでください。

 

**************************************************************************************

議事録も作成しない「誤った政治主導」

2012-01-28 

 

 今週、東日本大震災に対応するために立ち上げた多くの会議で議事録が作られていないというずさんな実態が、次々と明らかになりました。 歴史的な危機に対処していることへの民主党の意識の薄さ、国家運営への責任感のなさが如実に現れています。

 

 公文書の作成は、政党の主義主張とは全く関係のない、国家運営の基本です。 公文書管理法では、記録を「健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源」とし、意思決定に至る過程の文書を作成することを義務付けています。

 

 1000年に一度という大災害に対して、政府がどう考え、いかに対処したかを検証し、そこから教訓を得るために、政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録はその最も基本となる資料です。 それを作成していなかったのは明らかな法律違反であるとともに、国民への背信行為です。  

 

 人類が原発事故を二度と起こさないために、事故が起こった原因、被害の拡大を防げなかった理由を徹底的に究明することは、国民や世界に対し、国が果たすべき重要な責務です。

 

 しかし、福島第一原発の事故に対処した原子力災害対策本部でも議事録は残されていませんでした。

 これでは国会の事故調査委員会の検証にも支障が出るのは避けられません。 議事録のないことは昨年5月の時点で問題になって、当時の枝野官房長官は改善を約束し、野田総理もこのことを十分認識している立場にあるにもかかわらず、 その後も作成されずに、23回にわたる昨年末までの原子力災害対策本部の議事録は一切残されていません。

 これでは、民主党政権のが自らの失敗を隠そうとしたと疑われるのは当然です。 総務大臣を務めた私の経験からしても、官僚は法令順守意識が高く、政治家に聞きもせずにこのように基本的な事柄を放置するとは到底考えられません。

 事実、震災から1ヶ月後の4月の時点で、全省庁の官僚のトップである官房副長官が、文書の作成と保存の徹底を指示しています。 民主党は野党時代に政府の文書管理の不備を責め、情報公開を声高に叫んでいました。 しかし政権交代後、政治主導の象徴とした政務三役会議など、政策決定過程の多くは非公開で議事録も作成されず、「密室政治」となっています。

 議事録作成という基本的な義務も果たさず、「誤った政治主導」をふりかざして恣意的に国家を運営する民主党には、政権を担う資格がないのは明らかです。 国会の審議で厳しく質してまいります。

いいね53

*************************************************************************************** 

 「いいね」を53個も頂戴しているじゃないですか!

 

シカリさんのブログなんて、せいぜい、2・3個ですよ。^^;

 

なんと意外なことに記載されている内容は、極めてごもっともな内容ですよね。

 

このことについて、当時の政権は次のように言っている。

 

***************************************************************************************

震災10会議で議事録なし ずさんな文書管理

日本経済新聞、2012/1/27付

 

 政府は27日午前、緊急災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)など東日本大震災関連の15会議のうち10会議で議事録を作成していなかったと発表した。緊急災害対策本部と原子力災害対策本部、被災者生活支援チーム(旧被災者生活支援特別対策本部)は議事録だけでなく議事概要もなかった。

 

 岡田克也副総理が閣議後の記者会見で明らかにした。「2月中をメドに事後的に記録を作るよう閣僚懇談会で閣僚に要請した」と述べた。政府のずさんな文書管理が浮き彫りになるとともに、未曽有の災害を踏まえた体制づくりで参考になるはずの議事録の欠如は今後の災害対策にも影響する。<以下略>

**************************************************************************************

政府として議事録を作成していなかったことを認め、事後的ではあるが、記録を作成することを表明している。

 

それだけでなく、当時の公文書管理委員会に置いて直ちに検証を行っている。

 

**************************************************************************************

東日本大震災に対応するために 設置された会議等の 議事内容の記録の未作成事案についての 原因分析及び改善策  取りまとめ

平成24年4月25日 公文書管理委員会

<目次>

はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1頁

Ⅰ 原因分析・・・・・・・・・・・・・・・ 2頁

Ⅱ 改善策・・・・・・・・・・・・・・・・ 7頁

別紙 委員によるヒアリング結果・・・・・・11頁

参考資料・・・・・・・・・・・・・・・・・30頁

**************************************************************************************

森友・加計学園事件での公文書改ざん・廃棄問題と、菅総理が言う「1000年に一度という大災害」の中で、意図的か忙しさに忙殺されてか議事録を作成していなかった問題を同じレベルで語るという所が、自民党応援団の皆さんは感覚がおかしい。

 

しかも、片方は自らの過ちを認めて事後検証までしているのに、自民党政権は一人の公務員を死に追いやりながらも知らんふり。

 

こういうのを極悪非道と言うんですよ!

 

森友・加計学園事件については、国民の多くが忘れていない。一日も早くその実態が明らかにされて、かかわった人間が処罰されることを待ち望んでいる。

 

このことは、与野党を問わず政治家は肝に銘じるべきだ。

 

ところで、野党の一部では来る総選挙に向けて政策づくりが進められているようだが、国民が一番望んでいることが抜けている。しかも、そのことは民主主義政治の本質にかかわることなんだが、なぜ、トップに持ってこないのだろうか。

 

その事項とは、「国家権力による不正を明らかにする」ではないでしょうか?

 

綺麗ごとを並べる前に、国会を綺麗に掃き清めることがないと、国民は胡散くさくて近寄りませんよ。これぐらいのことが分からないのですか?