江戸っ子でぃ

藩・領民のために存在・行動するのが君主であり、“君主のために存在・行動する藩・領民”ではない。

「マスク拒否おじさん」というテロリスト予備軍。

f:id:gotoshikari:20210412112432j:plain


御親族の心労はいかばかりかと見ているこちらも心が重くなりますね。

 

このマスク拒否おじさんこと奥野淳也は、逮捕は二度目だが、マスク拒否で騒動を起こしたのは三度目だそうです。

 

飛行機内で騒動を起こしたのはマスコミでも大きく取り上げられましたが、その前にも千葉県のホテルで騒動を起こしていたそうです。

 

今回の記事には、マスク拒否の理由としてコロナ対策としての緊急事態宣言やまん防への不満を漏らしているようだが、以前は、自分は体質的にマスクを出来ない、などと述べていましたよね。

 

つまり、騒動のたびに理由をグレードアップして、「自分が考える社会的正義」を貫こうとしている、というポーズをとっている。

 

飛行機騒動のあとに、この人のお父さんは「そんな子じゃない」と言っておられたそうですが、親族からするとビックリですよね。いつの間にか、身内の子がモンスターになりつつあるのですからね。

 

でも、こうした傾向の人々は他にも山ほどいますよね。典型的なのがDHCの会長や高須クリニックの勘違いおじさんなど、ゴロゴロ。この人たちは、自らの主張を日本社会で主流を占めるようにするためには、大資本を使って差別を広げたり、民主主義の基本である住民投票を骨抜きにしたり、今回のように暴力的な手段を使う傾向になっている。

 

これは、とても危険な兆候だと思います。

 

それは、他でもないアメリカの白人主義者や銃規制反対派のような主義主張のためには暴力も辞さないという傾向を強めることだろうと思う。

 

つまり、こうした傾向はテロリストを育む土壌が広がっているということです。

 

そこを気づかずに「マスク拒否おじさん」などとのんきなネーミングをしているマスコミの責任はとても重たい。

 

このマスク拒否男の場合は、ホテルの食堂、飛行機内、町中の食堂で、「マスクをして下さい」という関係者のお願いを拒否して暴れている。

 

どのような理由を掲げようとも、抗いがたい欠点を抱えている。

 

それは、私有財産の中での横暴と言うこと。三件全て、誰かの財産の中です。当然、そこの所有者はそこを管理する権限を持つ。商法では、理由もなく営業拒否を出来ないが、現状の新型コロナウイルス感染症による混乱の中で、行政の指導に基づきお客にマスク着用を要請する行為は、実に正当な行為。

 

つまり、そのエリアでのわがままな行為は許されないのだ。この程度のことも理解できない人々が多い。

 

公道での行為と店舗内、船・飛行機・電車内での行為への規制は根本的に違うということを理解させるべきですね。

 

そして、ズレまくった主張を少しでも冷ましてあげるお勉強タイムが必要ですね。でも、この人の場合は、なにか他の理由があって突っ張っているかもしれないので、なかなか引かないでしょうね。

 

*****************************************************************************

〝マスク拒否おじさん〟2度目の逮捕 飲食店入店トラブルで警官を殴った疑い

東スポ、4/11(日) 14:12配信

 

 飛行機内でマスクを拒否して運航を妨げたとして威力業務妨害罪で1月に起訴されていた〝マスク拒否おじさん〟の30代男が、今度は公務執行妨害の現行犯で逮捕された。  

 10日午後1時ごろ、千葉県館山市内の飲食店に男がマスクをせず入店しようとしたところトラブルになったという。男は通報を受けて駆け付けた館山署員を殴った疑いがある。男は黙秘している。  

 新型コロナウイルスの第4波が押し寄せそうだというなかでもマスク拒否を貫いていたようだ。この男は以前から「マスパセ」と称してツイッターをやっており、事件直前の10日午前11時にはこうつぶやいていた。

 「緊急事態宣言や『まん延防止措置』は、伝家の宝刀で、どうしても必要な時に講じるからこそ意味があります。『閉店セール』と同じで、年がら年中やっていると、もはや誰も自粛しないでしょう。私も、一切自粛しません」

 自粛しない結果が2度目の逮捕だったのか。

DHC吉田会長(大陸からの渡来人末裔)による差別主義拡散を許すな!!

f:id:gotoshikari:20210410201035j:plain


会社のHPに会長として差別を主張するということは、会社全体として差別を社是としているということ。

 

さあ、日本国政府はこのような事態をどのようにするのだろうか?

 

同時に、この会社のコマーシャルを垂れ流すマスメディアも、どうするんだろうか?

 

何も対応をしない場合は、差別を容認したということ。

 

日本国民として、そのような事態は断固容認できない!!

 

*****************************************************************************

DHC会長、「NHKは日本の敵です。不要です」と声明。在日コリアンへの差別問題を報道、何が起きているのか?

ハフポスト、4/10(土) 10:38配信

 

 化粧品大手「DHC」の公式オンラインショップ上に、吉田嘉明会長名義で「NHKは日本の敵です。不要です。つぶしましょう」などとつづった文章が4月10日までに掲載された。NHKは朝の報道番組「おはよう日本」で、在日コリアンに対する差別的な文章がDHCの公式サイト上に掲載されていることを報じていた。

何が起きているのか

 DHCは、公式オンラインショップのサイトに「ヤケクソくじについて」という文章を掲載している。吉田嘉明・代表取締役会長の名義で、2020年11月に書かれたものとしている。

 自社製品サプリの優位性をアピールする文章で、同じくサプリを手掛けるサントリーについて、「CMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人です」と主張。 在日コリアンへの蔑称を交えた呼称を使った上で、「ネットでは揶揄されているようです」などと綴っている。なお、この部分について根拠は一切示されていない。

 この文章が話題になると、在日コリアンへの差別だとしてTwitterで抗議の声が続出。12月16日には「#差別企業DHCの商品は買いません」というハッシュタグがトレンド入りした。

 DHC広報は当時、ハフポスト日本版の取材に対し、「回答することは特にございません」とコメント。また、名指しされたサントリーは、「当社からコメントすることは差し控えさせていただきます」とした上で、「サントリーは人権方針を定めており、基本的な考え方として、社会の一員として人権尊重の重要性を認識しております」とコメントしていた。

在日コリアンを蔑む表現をしています」NHKが報道

 NHKは2021年4月9日、朝の情報・報道番組「おはよう日本」で、この問題を取り上げた。

 番組では、2月に東京都内で行われたDHCへの抗議行動を報道。DHC公式サイトに掲載されたコラムを紹介し、「在日コリアンを蔑む表現をしています」とナレーションで伝えた。

 また、DHCの商品を愛用してきたという在日コリアン4世の女性が、「ただの失言という域を超えて私たちが直接攻撃されているような、そんな気持ちにもなってしまいました」とコメントする様子や、国会で問題が取り上げられたことも報道した。

 番組は、DHCの会長から寄せられた以下のコメントも紹介した。

 「小生のことをマスコミ(これもコリアン系ばかり)は人種差別主義者だと言うが、人種差別というのは本来マジョリティがマイノリティに対して行う行動を指すのであって、今や日本におけるコリアン系はマイノリティどころか日本の中枢をほとんど牛耳っている大マジョリティである」 「NHKに対してひと言感想をと言われれば、『NHKは日本の敵です。不要です。つぶしましょう』」

NHKは日本の敵です」「社員ほとんどがコリアン系である」DHC、根拠示さず掲載

 報道を受け、DHCはコラムを掲載したページを4月10日までに更新した。

 声明は吉田会長名義で、「おはよう日本」のディレクターから取材依頼があったことをつづった上で、「NHKは幹部・アナウンサー・社員のほとんどがコリアン系である。出演者についても、学者・芸能人・スポーツ選手の多くがコリアン系であり、ひどいことに偶然を装った街角のインタビューさえコリアン系を選んでいる」などと根拠を一切示さず主張。在日コリアンの外見を揶揄し、蔑む表現も含まれていた。 また、「誰がこんなふうにしてしまったのかというと自民党の一部のコリアン系の国会議員であるが、野党はコリアン系だらけだからNHKのやることには誰もストップをかけない」「彼らは東大・京大・一橋・早稲田を出ていることから政界・財界・法曹界・マスコミ界という日本の中枢をすべて牛耳っている大マジョリティである」などと、一方的に主張した。

 声明の最後は、「NHKに対してひと言感想をと言われれば、『NHKは日本の敵です。不要です。つぶしましょう』」と、NHKに寄せたコメントと同様の内容で締めくくっている。

*****************************************************************************

この人は、凄いコンプレックスの持ち主のようですね。(安倍晋三と同じ)

 

上の記事の最後の部分にありますけど、「彼らは東大・京大・一橋・早稲田を出ていることから政界・財界・法曹界・マスコミ界という日本の中枢をすべて牛耳っている大マジョリティである」と言う部分、学歴コンプレックスを含む歪んだ感情が強く根付いているように感じます。

 

その歪んだ感情と弱い心がそのはけ口として、他者を攻撃するという行為で心のバランスを保っているんでしょうね。

 

ところで、この人物はどのような人なのか。

 

*****************************************************************************

吉田嘉明会長とは

佐賀県唐津市出身。1972年、DHCを創業した。

2014年、吉田が渡辺喜美みんなの党代表に対し、2010年の第22回参議院議員通常選挙および2012年の第46回衆議院議員総選挙の直前に計8億円を「選挙資金として貸した」ことを公表。選挙運動費用収支報告書や政治資金収支報告書に8億円は記載されておらず、渡辺代表は「純粋に個人として借り、利息も払った」とのコメントを出す[3]

また、この問題についてブログでコメントを行った弁護士の澤藤統一郎に対し、名誉棄損だとして2000万円(後に6000万円に増額)を請求する訴訟を起こしたが、東京地裁は吉田の請求をすべて棄却した。その後弁護士側が、吉田の訴訟は自由な言論を封じる脅し目的の「スラップ」に当たるとして、吉田を提訴。2019年10月4日、東京地裁は「提訴は著しく相当性を欠く違法行為だった」と認定し、吉田およびDHCに対し、110万円の支払いを命じる判決を下した。DHC側は判決を不服として控訴する意向を示した。

 *****************************************************************************

おい、おい、佐賀県唐津市と言えば菜畑遺跡のある所。福岡県の板付遺跡と一緒で、青銅器や鉄器などが発掘され、朝鮮半島からの渡来人が住み着いたところとして歴史のお勉強で出てくるところですね。

 

つまり、古賀会長は大陸からの渡来人の末裔ですよ。^^;

 

まあ、どこからの渡来人であれ、誰であれ、『良い人は良い。悪い人は悪い。』のであって、その人の国籍や由来を根拠に差別することくらい頭の悪い行為はない。

 

さらに、もう少し詳しく書くとミトコンドリアDNA分析に基づく分析で、アイヌも沖縄住民も本土日本人も朝鮮半島人やモンゴル人と同じであることは歴然とした事実。

 

戦後の日韓両国の政治の行き違いにより発生している諸問題を根拠に、在日コリアンの人たちを攻撃するのも子供じみている。幼稚と言うほかないが、強い力と結構強力な取り巻き連中を従えているからタチが悪い。

 

f:id:gotoshikari:20210410201124j:plain


こうした連中には、差別は許さないという断固たる姿勢を見せる必要がある。・・・が、自公政権は何が出来るかな。

 

国民一人一人は、政治の低レベルな対応にガッカリするかもしれないが、一人一人で出来ることもある。不買運動とコマーシャルを流すマスメディアへの抗議行動だ!!許さない!!