江戸っ子でぃ

長崎県五島市に住む老人が、政治に関する愚痴などを書いています。

十五理(ことわり)

このシリーズは、越川禮子著「商人道『江戸しぐさ』の知恵袋」を

もとに、江戸時代の良さと偉大さを知っていただくために書いています。



今回は、十五理(ことわり)。



前回は、十二歳までには一家の主の代理で手紙を書けるようでなければ

一人前ではない、ということを書きました。



今回の十五理は、十五歳までには、経済に関する知識、自然の移ろい

などを、暗記だけでなく、体得している必要がある、ということ。



つまり、試験をクリアするための知識ではなく、実際に、自らの知恵として

利用できないといけなかった、ということです。



知識を使いこなすことが出来る、ということの背景には、その人の人格が

完成していないといけないということもあったようです。



江戸時代は、人格の完成が先で、次に知識を入れて、人のために知識を

使いこなせるようになって初めて、十五歳。


子育ての最後のプロセスだったそうです。

武士の子なら、元服をする年代だ。



知識を振り回し、人のために何かをするという意識を持たない幼稚な大人が

多い現在の日本。

物は多くなっているが、社会全体が幼稚化していることに危機感を持つべき

ではないだろうか。