江戸っ子でぃ

長崎県五島市に住む老人が、政治に関する愚痴などを書いています。

最近あったちょっといいこと。「短い手紙」

 

 

皆さん、お早うございます。

 

 

五島地方、今日は、ちょっと青空の見える曇り空でスタートです。

 

 

はてなブログ今週のお題は、「最近あったちょっといいこと」ですけど・・・。

 

 

皆さん、最近、パートナーから手紙をもらったことありますか?

 

 

ワシは、昨日、山ノ神から手紙をもらいました。(手紙と言うよりメモ)

 

 

もらいましたというか、朝起きたらテーブルの上にメモがありました。

 

 

え?  え?  え~~?

 

 

逃げた?

 

 

飲兵衛で無駄遣いばかりするワシとの生活に嫌気がさし、家出をしたのだろうか。

 

 

それとも・・・。

 

 

ビクビクしながら、手に取り読んでみると、そうではありませんでした。

 

 

それは、それは、とっても、短い手紙でした。

 

 

 

**************************************************

〇〇様(ワシの名前)

 

おはようございます

六時半におこして下さい

 

            △△△(山ノ神の名前)

******************************************************

 

 

山ノ神は、うつと付き合いだして以来、ワシより早く起きることが出来ません。

 

 

そんな彼女が、朝の決められた時間に『何かをしなければ』『何かをしよう』と考え、それでも自分で起きる自信もなく・・・。

 

 

この短い手紙となったのだろう。

 

 

明日の朝おこしてほしいと書く山ノ神の想いは、どんなだったろう。

f:id:gotoshikari:20211205071707j:plain

 

筆ペンで書かれた文字は、流れるように美しく書かれていました。

 

 

山ノ神から、こうしてテーブルの上に手紙を置いていただくのは、何年ぶりだろう。

 

 

以前は、ワシが二日酔いなどで起きることが出来ず、目が覚めたら手紙と食事がテーブルの上に置いてある、というパターンなどでした。

 

 

当時は、それほどありがたみも感じず、当たり前のこととして受け止めていました。

 

 

しかし、今回の手紙は、なんだか、とてもいとおしく、一文字一文字に何か強い思いと、自分ではどうしようもないという切ない思いを感じ、朝から胸が熱くなりました。

 

 

手紙を見た後、いつもの通り、仏壇などの朝のお仕事をし、約束の時間になり、ちゃんと起こしてあげました。

 

 

起こした後、それでも部屋から出てくることはありませんでしたが、誰かに電話をしているようでした。

 

 

数少ない友人との約束でもあったのでしょう。

 

 

そのかすかな声を聞きながら、ふと思いました。

 

 

『あの手紙は、大事に保管しよう』

 

 

新聞折込みの広告紙の裏に書かれた手紙の隅っこに、ワシは、日付を書いてファイルしました。

 

 

今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

 

 

今日一日が、皆様にとりまして、素晴らしい一日となりますようお祈りいたします。

 

 

******************************************************

ナンテン

花言葉:私の愛は増すばかり、良い家庭

誕生花: 12月5日

f:id:gotoshikari:20211205071942j:plain